【YouTube戦略】YouTube伸びない人必見!チャンネルを解説するなら方向性とジャンル選定が重要!今がチャンスのジャンルを紹介!

BUSINESS

こんにちは。アメカイです。

みなさんは今、YouTubeを始めたい。または、始めたけどあまりうまくいってない。

そんな方だと思います。

僕もYouTubeでは一度挫折経験があります。そこで僕はあることに気づいたんです。

『ジャンル選定で全てが変わる』

みなさんはどんな動画を投稿したいと思っていますか?ドッキリ?ネタ動画?

今からそんな人気のジャンルに参入するならかなりの実力と能力が必要です。

 

そこでジャンル選定する際のコツとその理由、またダメなジャンルといいジャンルを僕なりに考えたので紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ジャンルを選定しなければいけない理由

もちろんビジネスとしてではなくあくまで趣味として動画を投稿したい方はあなたのs好きなジャンルを選べばいいです。

 

しかしあなたが『YouTubeで稼ぎたい!』、『ビジネスとして始めたい』と思っているのならジャンル選択は重要です。

 

例えば新しく起業した人がいきなり新しいスマホを作ると思いますか?

よっぽど革新的なアイデアがあるなら別ですがAppleGoogleに真っ向から勝負して勝てるわけがありませんよね。

 

YouTubeでも同じです。HIKAKINさんやはじめしゃちょーなどのドッキリ、面白動画がありますよね。

今更ああゆう動画を投稿しても人気になるには長い年月と実力、努力が必要になってきます。

 

ジャンル選定であなたのチャンネルは大きく変わります。

 

まさにブルーオーシャン戦略ですね。

 

ジャンル選定の際のコツ

しかし、いきなりジャンル選定しろと言われてもどう選べばいいのかわかりませんよね。

今からジャンル選定する際の選び方、コツを紹介します。

 

ジャンル選定1

まずは動画を作るのはあくまであなたですから、あなたの得意なことを狙うのが普通ですよね。

しかしここでひとつポイントがあります。

あなたの得意なこと一つだけで攻めてもその業界にはきっと誰かが既にいるでしょう。

そこでです。あなたの得意なことを2つ3つ思い浮かべるのです。

そしてそこからその2つ3つを掛け合わせたビジネスプランを立てましょう。

 

例えばサッカーとトークが得意ならサッカー業界だけの物申す系とかはどうでしょう?

物申す系とサッカー系はいてもサッカー業界に物申す系はいませんよね。

 

このように2つ3つを掛け合わせてそれをあなただけの特技として動画制作するんです。

 

ジャンル選定2

2つ目の選定法はあなたの特技や才能に関係はありません

しかし、努力が必要になります。才能がないなら人気なジャンルで才能をつけるんです。

 

しかし日本で既に流行ってることの才能をつけようとしても既に上がいるでしょう。

そこでネタを持ってくるのは海外からです。

海外で最近流行ってるネタを日本にあなたが輸入させるんです。

 

有名な例を挙げるとセイキンさんとヒカキンさんのハンドスピナーとかですね。

あれは彼らがやったからというのも少なからずあるかもしれませんが海外から輸入し人気を得たという点では代表的な例です。

 

このように海外で人気なものを日本で誰よりも早く取り入れるんです。そしてその道のトップになる。

誰もいないから一番に始めたあなたがトップです。

 

ここまでジャンルの選定法を書きました。

『それでもまだ決まらない』という方は今から手遅れジャンルとまだいけるジャンルを紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

 

手遅れジャンル

もう既に手遅れなジャンルを紹介します。

 

ドッキリ、やってみた。などのネタ系

これは王道であり一番人気であり、市場も多く最難関ですね。

YouTube

 

YouTube

 

有名なところではこんな感じです。

参入するとしても芸人レベルのトーク力や5、6人のグループでの参入が現実的しょう。

ゲーム実況

こちらも王道ですね。

YouTube

 

様々なゲームをプレイする。こんなスタイルで有名になるのは、かなり厳しいです。

YouTube

 

参入するなら彼のような例です。

彼はフォートナイト 実況を早くに始め、その直後このゲームは大人気となりました。

参入するとしたら新しいゲームを実況し、それが運よくバズる。というのに賭けるしかないでしょう。

 

雑学、マンガ

雑学や豆知識などを紹介する動画や、ショートマンガ系などは意外とたくさんいますが基本的に、一強な状態ですね。

YouTube

 

この技術に勝る自信があるのならば参入もいけないことはないでしょう。

 

まだいけるジャンル

少しマニアックなものになるかもしれませんが、王道は諦めるのが賢明です。

 

これらはあくまで僕の客観的な意見であって、先ほど説明したとおり自分の才能や特技を生かすのが一番です。

あくまで参考程度で考えてください

 

特化した学習系

国数社理英など、全体的な学習系チャンネルは既に強力なものがあります。

YouTube

 

彼は受験生などを中心に受験生などを中心に幅広く勉強を教えています。

彼は教える技術も高く真っ向勝負では勝ち目がありません。

参入するなら何かの強化や分野に特化した学習系がいいと思います。

 

工作系

海外で有名なチャンネルがこちら

YouTube

 

このチャンネルでは高度な技術でマーベルのアイテムに特化していますがチャンネル登録者数は600万ほどいます。

日本では工作系チャンネルがまだあまりないので参入は簡単でしょう。

デメリットがあるとすれば投稿頻度を上げるのが困難だという事ですね。

工作系は動画制作に時間がかかります。一つ一つ投稿するのが難しいでしょう。

 

動画編集などの技術系

画像編集で有名なチャンネルがこちら

YouTube

 

画像編集はこの方がいますがまだそこまで市場も大きくありません。

また動画編集や音楽編集などの技術系はネタが尽きませんし、需要もあります。

あなたがこのような何かすごい技術を持っているなら是非とも参入すべきです。

 

 

 

どうですか?チャンネルの方向性は決まりましたか?YouTubeは連続投稿がとても難しいですができれば、きっと成功します。

『好きなことで生きていく』あなたが苦にならないことでまずは始めましょう。意外とあなたの才能を求めている人は多いかもしれませんよ。

 

タイトルとURLをコピーしました